偽パンケーキレンズ

Lumix GX7 12-32mm f3.5-5.6 最近よくGX7にG VARIO 12-32mm f/3.5-5.6で街中スナップを撮っている。 このレンズ使わない時は沈胴部を収納しておけばパンケーキレンズように小さく収まるし、ズームで伸ばしても3センチ弱しか伸びないのであまり目立たなくて…

Tamronの高倍率ズームを使う

Nikon D610 Tamron 28-300mm f3.5-6.3(A010) 僕はNikon D610でタムロンの高倍率ズームをよく使う。 昨日は亀戸天神から小村井香取神社で梅の花を撮り、帰りに猿江恩賜公園で野鳥を撮るというスケジュールである。 以前は標準ズームと望遠ズームの2本持ちだっ…

偽ライカ礼賛

僕の街撮りカメラはフジのX100だ。 どことなくLeicaに似せたデザインがお気に入りである。 発売されて8年経つが性能に不足は感じない。 Leicaを買う機会は何度かあったが、レンジファインダー機の二重像でピントを合わせる、あれが大嫌いで手にすることはな…

ラストはX-M1

仕事は2年前に母親の介護のため辞めた。 職場に行く最終日の通勤バックに入っていたカメラがfujifilm のX-M1だった。 XF27mmはあまり寄る事はできないが、キレのある解像力を持ったレンズで、X-M1のいい相棒である。 通勤カバンにカメラを常駐させるようにな…

シルバーなX100

僕が高校の写真部時代、カメラはほとんどシルバーボデイだった。 ブラックボデイは定価が数千円高く設定されており、普通は大体安いシルバーを選択する。 写真部に入部した時、所有していたカメラは3台、メインはminoltaSR-1にオートロッコールPF55mmf2.0の…

K-01で散歩

Pentaxブランドのレンズ交換式ミラーレス機K-01を持って雪の上がった土曜日、深川資料館通り界隈を散歩してきた。 レンズはエサ撒きレンズのDA35mm f2.4でAPS-C機のK-01に装着すると、135換算52.5mmの標準レンズになる。 普段は広角単焦点で撮ることが多いの…

Nikonオールドセンサー(CCD)の色

NikonのDXフォーマット機の1000万画素CCDセンサーはSONY製同一モデルを使用しているので、エントリー機D40xでもハイエンド機D200でも同じ画像が得られはずである。 Nikon D40x Sigma 30mm f1.4 EX DC 今回はレンズもD40xが発売された時期の明るいSigma 30mm …

忘れられたGXR

朝散歩にricoh GXR を持ち出した。 レンズは標準マクロレンズのA12(50mm f2.5 macro)である。 ハーフマクロで7センチまで近づく事が出来る。 日陰にある万両、絞りはf2.8とほぼ開放です。 ricoh GXR A12(50mm f2.5 macro) 親水公園は定番の朝散歩コース、枯…

偽Leica?fujifilm X100

fujifilm X100 XF23mm f2.0 富士フィルムXシリーズ初号機のX100をよく持ち出す。 8年落ちの1200万画素でX-Transじゃないセンサーを積んで、Leicaモドキのデザインが気に入っている。 近所の野鳥撮り仲間の人に「Leica?」と間違われるが、私は「レンジファイ…

佃リージャン

fujifilm X-Pro1 XF18mm f2.0

FD28mm f2.8 S.C テスト

SONY a7ii FD28mm f2.8 S.C f2.8 f2.8 f2.8 f5.6 f8.0 f8.0 f8.0 f2.8

tokina SZ-X 60-300mm f4.0-5.6テスト

cosina AF 19-35mm f3.5-4.5テスト

小石川後楽園の池の紅葉

fujifilm X-T10 XF18-55mm f2.8-4.0

東京都現代美術館北

Lumix GX7 12-32mm f3.5-5.6 2年間の改装工事で休館中の美術館ですが、職員はその間何をしているのか疑問に思ってしまいます。 ここの休館で深川資料館通りのあった美術系古本屋2軒が潰れました。お客が来ないから仕方ないです。

天然色

Lumix GX7 12-32mm f3.5-5.6 季節的は初冬である。 東京の紅葉も進んでいるが、まだ、盛りには程遠い。 今日は久しぶりに清澄庭園を訪れた。 園内の池の脇にある銀杏が今年は台風の塩害で枯れたような葉ばかりで残念である。 写真は清澄庭園近くの料亭の壁を…

秋の空

Lumix G7 14-140mm

pentax K-01 DA50mm f1.8

ハローウイン

fujifilm X100 猿江恩賜公園に毎年飾られるジャック オウ ランターン、ちょっと顔が剥がされていますが。

モノクロの世界(根津神社乙女稲荷)

Lumix GX7 12-32mm f3.5-5.6

ヒョウモン蝶

Lumix GX7 12-32mm f3.5-5.6

ミラーレスカメラ新時代

Lumix GX7 12-32mm f3.5-5.6 Nikonがフルサイズミラーレス機を発表したら堰を切ったようにCanonとPansonicもフルサイズミラーレス機を発表するようだ。 Pansonicがフルサイズミラーレス機をやるならM4/3同盟のOlympusも続く気配が濃厚だ。8月にはスペシャル…

吉祥寺安養寺の百日紅

fujifilm X-E3 XF23mm f2.0 今日は知り合いの漫画家青木俊直先生の個展「青木鉄博2018」を吉祥寺まで見に行ってきた。 今回もギャラリー創で開催されているのだが、ここでは多くの漫画家さんに出会っている。 安養寺はギャラリーの隣のお寺で、よく写真を撮…

EBC FUJINON 50mm f1.4(M42前期)の作例

神田ふれあい橋から和泉橋を望む

fujifilm X100 神田ふれあい橋は新幹線工事時の臨時橋だったものが地元の要請で残された岩本町から秋葉原に抜ける歩行者用の橋です。 和泉橋は神田川に掛かる昭和通りの橋で、その上を首都高速が走っているという複雑な場所です。

大田黒公園(旧大田黒元雄邸)

fujifilm X100 杉並区立大田黒公園は音楽評論家大田黒元雄氏の邸宅あったものを、氏の遺志に基づいて遺族から寄贈された。 広さは約9000平米(2700坪)あり、写真は昭和6年に作られた洋館を記念館としている。

大川(隅田川)河口佃島の対岸

fujifilm X-E3 XF23mm f2.0 週末は佃島住吉神社の例大祭で、その準備で佃島は大忙しである。 空には夏の雲がニョキニョキ湧いているが雷様の心配は無さそうです。

白黒の世界(浅草)

fujifilm X100 フジのX100持って浅草散歩、スカイツリーも浅草の風景に溶け込んでしまった。 まあ、アサヒビールの雲のオブジェも誰も違和感を持たなくなった。 何でも馴染んでしまう、浅草はそんな町である。

Nikon フルサイズミレーレス機開発発表

Nikon D610 Tamron 28-300m Nikonがやっと重い腰を上げて、フルサイズミレーレス機の開発と新レンズマウントを発表した。 数日前から動画が発表されていたので、それの後追いの発表でした。 正式の製品発表は8月末くらいという情報も出ているので、SONYの牙…

Leicaが買えないからfujifilm X100

fujifilm X100 下町の街歩き撮影ならX100だけ十分かもしれない。 カメラバックにはズームレンズの付いたサブ機があるが使わないこともしばしばである。 X100はfujifilmXシリーズの1号機だがセンサーはXトランスではない。 しかし、フィルムシミュレーション…