入相の鐘

f:id:fukagawa1953:20171002183425j:plain

星川清司の「入相の鐘」を読んだ。

老境に入った大田南畝とその周囲の人々を描いた連作を一冊にまとめたもの。

5つの短編が時の流れに合わせて並んでいて、登場人物が作品ごとに出入りしている。

大田南畝を中心にして、江戸で活躍していた文人や絵師の人間模様を、そして家族の関わり合いなど淡々と描かれたもので、一気に読んでしまいました。

 

広告を非表示にする